FC2ブログ

I feel so bad ~

Macと競馬と缶コーヒーのおまけ (主にミニカー)

Mac の記事一覧

確定申告 2020

2020.03.08 (Sun)
2012年からネットで確定申告を始めた。

それ以前はネットで書類作成して税務署に持参してたような気がする。
2011年の震災の直後に税務署行った記憶あり…


毎年ちょっとずつやり方が変わり、毎年イライラしながらやってるんだが
医療費控除で数万円還付されるし、
ふるさと納税の手続きも必要なので仕方ない。


昨年(当blog記事)、カードリーダー(SCR331CL-NTTcom)が古すぎたために
Parallels Desktop上のWindows 7で全ての手続きを済ませた。

今年はカードリーダーを購入。ACR1251CL-NTTCom(リンク先はヨドバシ)。
3000円弱。
上にカードを乗せるだけなので非接触型が楽で良い。

現在のOSは10.14.6(Mojave)、Safari はバージョン13.0.5。
「e-Taxソフト」というのがあるらしいが、macOSでは動作しない。
そのため、「確定申告書作成コーナー」を使用する。
マイナンバーカードは既に持っている。
ブラウザーはSafariのみでChromeは使えず。
推奨環境ではないとの表示が出て先に進めなかったはず。

色々制限はあるが、制限の範囲内であれば
今年は随分楽になった気がする。
カードリーダーのドライバーをインストールした後は、
基本的にe-TaxのHPに従って進めるだけ。

利用ガイドもわかりやすくなっている。
ここの「ご利用ガイド」をクリック。
利用環境の確認を行い、
Mac用の事前準備セットアップ用ファイルをダウンロードして展開。

一度だけエラーが出たが、
(「そのソフトは既に起動済です」とか)
「(No.?)確定申告書等作成コーナーAP.app」
(?は1か2のどちらかで起動中のもの)を強制終了したら次に進めた。


医療費控除はフォーム入力も含め、
ふるさと納税の入力も併せて1時間かからずに終了。
これで還付金とふるさと納税のメリットが得られるんだから、
時給でみれば少なくとも数万円換算になる。

医療費が減ってるので来年は医療費控除なしか?
医者に行かなくて済むということだからいいんだけど…

Acrobat Reader DCで両面印刷

2019.07.10 (Wed)
Mac mini 2012
OS X 10.11.6
プリンターはBrother HL-5350DN

競馬新聞をネットで購入し、印刷して予想に使っている。
長年競馬ブックを購入。
1日に2〜3レースしか馬券を買わないのに500円の競馬新聞を買うのは勿体ない。
競馬ブックに慣れているのでスポーツ新聞や他の競馬新聞は買いたくない。
競馬ブックをネットで買うと1レース80円(B4で前5走の成績)だから、
6レースまでなら店頭で新聞を買うより安い。

ただし、問題があって、
ビューワーのBookend Desktop(のAcrobat Reader DC)から印刷するのに
両面印刷が出来なかった。
嵩張るし紙が勿体ないので両面印刷したかった。
Parallels Desktop上のWindows7のBookend Desktopでは両面印刷出来ていた。
なので、
Mac OSで競馬新聞を購入し、両面印刷はWindows7から
という面倒なことをやっていた。
プリンターはもちろん両面印刷をサポートしていて、
OSX上の他のソフトでは問題無く両面印刷出来ていた。


で、
つい最近
Macから両面印刷出来るようになったので、
忘れないうちにメモ。

参考にしたのはここ(Adobeのサイト)
結局デフォルトで両面印刷するように設定するだけのようだ。


CUPS管理インターフェイスで印刷設定を行うのだが、
OSX 10.11.6ではターミナルで下記を入力

sudo cupsctl WebInterface=yes


ターミナル終了後
WEBブラウザーから

http://localhost:631


を開き、Printersタブから目的のプリンターを選択。
「Administration」ドロップダウンリストから
「Set Default Options」を選ぶ。

こんな画面が出る
2019071001

プリンターによって項目名は違うらしいが、
うちのプリンターでは
「Duplex」が両面印刷の設定だった。
「DuplexNoTumble」を選択し
「Set Default Options」ボタンで確定。

2019071002
設定後の画面
「Defaults: job-sheets=none, none media=iso_a4_210x297mm sides=two-sided-long-edge」
となっており、長辺綴じの両面印刷がデフォルトになる。

OS X上のBookend Desktopから印刷してみた結果、
両面印刷が可能となった。


これでParallels DesktopでWin7を使う理由が無くなった。

めでたしめでたし

LAN関係更新

2019.03.24 (Sun)
うちのLAN環境は昨年まで下記のような感じだった

ルーター(NEC WR9500N)
├ハブ(BUFFALOの5ポート)
│├NAS
│└プリンター
└Mac mini
Wi-Fiで
 Mac book air
 iPad mini
 他


で、下記を行った
1) ルーターの位置が自宅の端だったので中央寄りに移動する
2) ルーターが古いので交換する
3) ハブも古いので交換する
4) ケーブルは古くてCATなんぼかもよく分からないので全部新品に換える

ルーターは
NEC WG2600HG3
きちんと設定できていないせいなのか、遅い
Wi-Fiが途切れることがある、特にiPad miniで

ハブは
TP-Link 8ポート スイッチングハブ TL-SG108V4.0
金属筐体の安いの

ケーブルは
Amazon印のCAT7準拠2.1m
CAT7準拠はオーバースペックなんだが
安いし、将来に向けて(?)購入した
安いなりで、扱いづらい
硬くて取り回しに苦労した
端子部のカバーが分厚いため、狭いとこに挿せないおそれがある
※ 上のハブでは隣接した端子にギリギリ挿さった

サンワサプライのKB-T7ME-05BKW
1本だけ長いのが欲しくなり、
柔らかくて取り回しが良い端子部が小さいのを買う

あと、配線がどこにつながってるか、明記するようにした
「ネームタグ付きケーブルタイ」「タグ付き結束タイ」「マーキングタイ」
とかいうので札を付ける方法もあるが、
今使ってるのは
タバネール
テープ同士は接着するが他のモノには着きにくい、というテープ
手で切ることも出来る
しばらく放っておくと巻きの外側2〜3周分の接着力が無くなるのが玉に瑕だが
気軽に使えて便利
油性のペンで字が書ける(水性も可だが乾くまでちょっと待つ)


とりあえず配線がスッキリしたんで良しとしよう

確定申告

2019.03.03 (Sun)
医療費控除とふるさと納税のためにネットで確定申告。
ふるさと納税は他の控除があるとワンストップが使えない。


ネットで出来るのは便利だが、それはそれで色々面倒。
毎年ちょっとずつ変わってるんだが、
俺にとっては必ずしも使いやすくなってるわけではないw


今回は下記の問題があり、
結局Mac OS X El Capitan (10.11)では申告できず。
Parallels Desktop内のWindows7で手続きできた。

問題
ICカードリーダー(SCR331CL-NTTcom)がEl Capitanで動かず。
ドライバの対応OSが10.9までだった。
昨年、Mac mini 2012に換えたときにOSも換えていたのが原因。
Win7では問題無く使えた。


他にも面倒なこと
1.MacはSafari機能拡張、ルート証明書、JPKI利用者ソフト、JAVAの
  インストールが必要。面倒。
  Chromeも使えない。
  (さんざん設定した挙げ句、使えなかったので不満倍増w)
  Windowsは設定ファイルをダウンロードして起動させれば
  ほとんどやってくれる。

2.お知らせを確認したりするためにログインするのに
  そのたびにマイナンバーカードをリーダーで読み取る必要があるようだ。
  いちいち必要か?

3.パスワードの種類が多すぎて、どれを入力して良いか分からないwww
  5回間違えると役所に行って再設定www
  何年か前にやらかした。


もう10回近くやってて、
データの入力あたりはわかりやすく改良されてて使いやすいんだが、
そこまでの準備が大変…
使用環境に制限が多すぎるのも大して改善されてない。
まぁ、年1回だから我慢するか。
医療費控除の必要がなくなれば良いだけなんだが…

macOS Mojaveのインストールメディア作成

2018.10.10 (Wed)
近年は毎年恒例の新OSインストールメディア作成…

USBメモリをインストールメディアにする。
「macOS Mojaveインストール.app」の容量が6GB余りだったので
8GBのUSBメモリを使おうと思ったんだが、なかったので16GBを使用。
USBメモリの名称を「noname」とする。
アプリケーションフォルダに「macOS Mojaveインストール.app」が
ある状態で、ターミナルで下記を入力

sudo /Applications/Install\ macOS\ Mojave.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/noname


HighSierra以前のインストールメディア作成では

--applicationpath


のオプションが必要だったような気がするが、不要らしい。
パスワード入力後の表示は以下の通り

Ready to start.
To continue we need to erase the volume at /Volumes/noname.
If you wish to continue type (Y) then press return:


作成先を消去する確認メッセージなので、"Y"と入力するとメディア作成が'始まる。
消去出来ない場合はここで"Y"以外を入力して中断。

その後は

Erasing disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 100%
Copying to disk: 0%... 10%... 20%... 30%... 40%... 50%... 60%... 70%... 80%... 90%... 100%
Making disk bootable...
Copying boot files...
Install media now available at "/Volumes/Install macOS Mojave"


といった感じで表示され、作業が終了。
30分〜1時間ほどでインストールメディア「Install macOS Mojave」が作成される。


ただ、ElCapitanのシステム環境設定の「起動ディスク」から
bootableなはずのインストールメディア「Install macOS Mojave」は確認できず。
ディスクユーティリティでは確認できた。

試しにアプリケーションフォルダ内のインストーラから
外付けのSSDに直にMojaveをインストールしたんだが、
ElCapitanのディスクユーティリティから
Mojaveインストール済のディスク(「Mojave」と命名したはず)の名称を確認すると、
「名称未設定」となっていた。デスクトップにもマウントされず。
これは、APFSドライブだからということだろうか?


追記:USBメモリの名前が間違ってたので修正

Mac miniの更新(2010→2012)

2018.07.22 (Sun)
先週、湯河原温泉に行った帰りに買ってきた
Mac mini late2012 (i5)の中古品に、
mid2010に入ってたSSDを入れる。
元々は500GBのHDD(OS10.8.5)が入ってた。

こういう作業は酒飲みながら、または酒飲んだ後にはやっちゃいけないw
ネジ穴にネジを差し込めなくなるから…

upperのドライブへ接続するケーブルが無かったので
Amazonで
工具を買う。
俺が買ったときより100円以上安くなってる…
説明書などは一切無く、ケーブルとネジと工具だけ。
なので、iFixItのガイドをiPadで確認しながら進めた。

2012モデルは、2010モデルと比べて、
端子(温度センサー)が少なく、やりやすかった。
ただ、前述のごとく酒飲みながら作業したせいで、
交換作業に2時間もかかったwww
違うネジを刺して抜けなくなり、ネジザウルス登場wなど…

結局
upperにデータ用の960GBのSSD、
lowerにシステム(El Capitan10.11.6)入りの240GBのSSDを入れた。
データ用は2TBのSSD(NTT-Xで4万円位で買ったヤツ)に
しようかと思ったが、
とりあえず様子見。


で、2010→2012へ換えた感想なんだが、
やはり速い。
特にParallels Desktop上のWindows7がサクサク動く。
45,000円ほどだが、次までのつなぎとして十分。

次のminiがあるかどうかは不明、出なければProの最安モデルでも買う。


ふと
このmini、俺のMac使用歴で何台目なんだろう?
と思い、記憶を遡ってみる。

1台目以前は学校でSE〜ピザボックス型のCentrisとか使ってた。

1台目:PowerBook 5300cs
1995年、初めて買ったMac、27万円位した。
CPUがPowerPC。液晶のヒンジが壊れた。

2台目:PowerMac G3 DT
2000年頃、中古で12万円位で買ったはず。
CPU交換して色々いじって、Xbenchで結構良い成績出てた。
結構長い間使った。

3台目:Mac mini 2007
新品購入して一度も開腹せず。
4台目購入後は妻の家計簿マシンになる。
多分まだ動く。

4台目:Mac mini 2010
発表直後に購入。一番長く使ってたと思う。
2台目同様、色々いじって満身創痍…

5台目:Mac mini 2012
先週中古で買う。

他にもサブマシンなどとしては、覚えてるだけで
初代iMac(ボンダイブルー)、Performaの5220(?だったか…)、
Power Mac G3(青いポリタンク)、
Mac book air 2015(妻の現行マシン)
など。
miniとPower Book以外の不要になった機種は全てリサイクルショップへ。


新しいminiを見たい、というか欲しい。
iPhone屋さんになったAppleには期待薄か…
デザインも最近は陳腐化してるし…

湯河原に行った

2018.07.15 (Sun)
三連休の1,2日目に湯河原温泉へ一泊旅行に行く
まぁ、いろいろ計画の立て方などで反省点はあるが
宿はとても良かった。風呂も料理も満足。
外は猛烈に暑かった…

お土産その①
Mac mini MD387J/A Late 2012【Core i5(2.5GHz)/8GB/500GB HDD】w
イオシス アキバ中央通りヨコ店で本日購入w
昨日、PC Watchの記事をみて、
湯河原から電車で帰ってきて、体力に余裕があったら買おうと思い、
余裕があったので買うw 税込44,800円。
i7が64,800円で1台あったようなんだが、2万円も高いと手が出ず。
本体と電源ケーブルだけだったのでバックパックに入れて帰ってくる。
メモリ8GB。HDDの場所はlowerでupperはカラらしい。3ヶ月保証。
明日バラしてSSD入れてみる予定。
ゴメン湯河原じゃないwww


お土産その②
伊藤漬物本舗
燻製玉子使用 いぶりがっこのタルタルソース 燻 ブラックペッパー

銀座の秋田ふるさと館で購入。
これも今日、東京に戻ってきてから買う。
以前都庁かどこか(高いところw)に行った際、
秋田のいぶりがっこで作ったタルタルソースを買って食ってみたところ、
好みの味だった。
で、買う。これも湯河原関係ないwww


お土産その③
湯河原坦々焼きそば
ゴメンやっと湯河原www
2日目、宿の朝食が美味すぎて食い過ぎ、
昼食で予定していた湯河原坦々焼きそばをお店でガッツリ食うには重すぎる、
という事態になった。
湯河原駅近くの小田原百貨店(Pantry)地下一階の総菜コーナーに
少量を400円ほどで売っていたので、買う。
(食べ歩きガイドマップに載ってた)
で、別の場所でもらった保冷剤で冷やしつつ持ち帰り、チンして食う。
美味かった。


お土産その④
TIVOLI湯河原スイーツファクトリーで買ったお菓子。
駅から近い。


湯河原感想
隣駅が熱海だから規模的には厳しそうなんだが
温泉街としての雰囲気は熱海より好みだ。
メインストリート沿いに宿が建ち並び、
山を登ってくと徐々に温泉街的な感じが盛り上がってくるあたり。
コンビニが少ないのも逆に良いかもしれない…
駅からのバスの本数が多いのも良い。
ただし、バスの運転手さんの気遣いという点では熱海の圧勝。
熱海ではこっちが恐縮するくらい親切に観光地について色々教えてもらった。
(まぁ、たまたまということもあるだろうけど)

駅前で売ってたお土産は干物やかまぼこなどが多かった。
かまぼこは小田原。
干物は地元千葉でも美味いものが十分ある。
ということで、悩んだ末買わず。


反省点
高速バスはやはりアテに出来ない。
出発時、1時間の余裕を持って高速バスに乗ったんだが、
そのバスが事故渋滞に引っ掛かって東京駅着が1時間遅れ、
指定席券を購入してた往路の踊り子号に間に合わず…

OSをMavericks(10.9)からEl Capitan(10.11)へ

2018.04.16 (Mon)
今さらなんだが…

Mavericksは使いやすかった。
一番良かったのはSnow Leopardだったんだがさすがにもう使えない。
最新のHigh Sierraは信用できないw

OSのバージョンを上げた理由は以下
1) ドライブレコーダー(KENWOOD DRV-830、当blog過去記事)の
  ファイルビューアがEl Capitan以降対応。
  Win7にも対応してるんだが、わざわざParallels起動するのも面倒。

2) TwitterクライアントにTwitterrificを使いたかった。
  ず〜っと夜フクロウを使ってたんだが、
  一年半以上更新されず。
  iPad miniとMac miniで既読の共有をしたくて購入。
  使い心地も良さそう。

3) 妻のMBAがEl Capitan
  2年前?に買ったんだが、OSが違うことで
  写真のやりとりとか何となく不便に感じてた。

4) Parallels Desktop ver.12のライセンスを安く買ってるのを思いだいた。
  最新版はver.13らしい


毎年のようにOSのメジャーアップデートするのは
やめて欲しいもんだ。

明けてますね、iPad mini 4購入

2018.01.09 (Tue)
今さらですが謹賀新年

年末年始は
風邪なんだか何なんだかよく分からない体調不良に悩まされ、
ぼけ〜っとしたまま過ごす。
いくら寝ても眠かった…

iPad mini 4 Wi-Fi + Cellularを
Apple Storeで1/2に購入。
AppleCare+込みで70,200円(税抜き)。
6000円分のApple Storeギフトカードをおまけでもらう。
使い道は決まってないが
Mac mini 2018が出たら使うか…

で、
保護フィルムはAmazonでこれを購入
Nimaso iPad mini 2019 / iPad mini5 / iPad mini4 用 フィルム
貼りづらい、貼り直してる間にホコリがつく、
イライラしたが一応満足できる場所に貼れた。

ケースはTimberのを購入
初代iPad mini買ったときにTimberの似たようなケースを購入、
そのときはきっちり嵌まらずガタガタして覚束ないので使わなかった。
今回、多少はまともになってるだろう、
カスタマーレビューもそこそこ良さそうだし、
と思って買ったが、前回と変わらず。残念…
とりあえず装着するが、良いものがあったら交換する予定。

初代購入時に買ったのがガタつかずにピッタリはまって良かったんだが、
どこの製品か思い出せない。DAISOか?


バンカーリングも買った。
これは近所の家電量販店で1,900円を下回る価格で購入。
上記のケースの上から貼り付けて使う。


ついでに
CASIOのデジカメEX-100FのバッテリーNP-130の充電器。
EX-100Fには充電器が付属しておらず、そのままでは本体で充電するしかない。
バッテリーを複数持って、充電器を使う方が何かと便利。
年末、「充電器が無い!、紛失した!!!」と思って探したんだが見つからず、
最初から付属してないことに後から気付いたwww
なので、購入。
ただこれ、純正の充電器なんだが、
電源ケーブルが別になってて持ち歩きに不便。
本体を直接コンセントに挿せるようにすべき。
過去に買ったデジカメのバッテリー充電器は全部そうだった。

ああ、今日から仕事だ頑張ろう(棒読み)

Mac mini ゼロスピンドル化

2017.12.16 (Sat)
2010 Mac mini mid2010から
「内蔵の」HDD、スーパードライブ、ファンを排除

手順1(随分前)
スーパードライブ(Upper)を外してLowerのHDDをUpperへ移し、
LowerにSSDを入れる。
起動ドライブをSSD、iTunes、iPhoto、他のデータをHDDに。

手順2(半年ほど前)
UpperのHDDが不調なため、HDDを外して
(最終的に)960GBのSSDを入れる。
さらにUpperとLowerのSSDを入れ換える。
今は
Upper:INTEL SSDSC2CT240A4
Lower:KLEVV D960GAA-UR
Lower(当初のUpper)は480GBのSSD(型式は思い出したくもない…w)を
入れてたんだが、数ヶ月で不具合発生(認識されなくなった)。

そんなことをしている内に
色々いじったせいで温度センサーの配線に不具合が生じたらしく、
内蔵ファンが最高速(約5500rpm)で回りっ放しになる。

手順3(半月ほど前)
内蔵ファンが五月蠅すぎるので外す。
冷却に不安があるので、底のフタ(黒い丸いヤツ)を外し、
下からUSBファンで風を常時送ることにする。
Mac mini本体はダイソーで買ったワイヤー棚に乗せ、
(このワイヤー棚がminiの大きさにピッタリで気に入っている。)
その下からUSBファンで冷却。
USBファンはSigmaのUMF01BK。古い。もう売ってないはず。ソコソコ静か。
この状態でiStat MenusのCPU Dieの温度は現在40℃。
ファンを外すとすぐに4℃ほど温度上昇。
この状態になってからの最高温度は61℃。
Mac OS10.9.5、Parallels Desktop 10上のWin7で
SEGAの麻雀ゲームのMJを遊んでるときに記録w

以上で、「内蔵の」回るものはなくなる。
代わりに外から冷却するファンが増えるが
静かなので我慢する。
このままずっと使い続けるつもりはない。応急処置。


で、
次のMac miniは出るんだろうか?
Appleは近頃小さいものを排除してる(iPod nano、iPod shuffle)ようなんで、
miniも無くなるかもしれない…iPad miniも新製品は出ていない。

余談だが、iPad miniは絶妙な大きさで大変重宝してる。
肩掛けの小さめのバッグに入り、取り回しも楽。
背面にバンカーリングを付ければ片手で操作出来る場合もある。


iMac Proとかいう、訳の分からない超高級機が出たらしい。
iMacってもともと入門機じゃなかったのか? もう違うか?
モニターにこだわりがあって、自分で選びたいユーザーは
本体のモニターはサブで使えということか?
いずれにせよ製品として何を狙ってるのかよく分からない。
一体型のデスクトップは全く好みではない。
(使っている方を貶すつもりはない。飽くまで俺の好み。
ディスプレイの位置が俺には全く使えないレベルで高いんだ、iMac。
ディスプレイは好きなもの選ばせてほしい。本体のは邪魔なんだ。)

miniが出ないならMac Proの最廉価品でも買うしかないなぁ。
Proも随分更新されてない。
AppleはiPhone屋になるんだろうか?
それならそれで良いから(諦めるから)、アナウンスして欲しい。

macOS High Sierraのインストールメディアを作る

2017.09.29 (Fri)
9/26に公開された
macOS High Sierraのインストールメディア作成

今回は今までとはちょっと違う。
というのは
App Storeからダウンロードしたインストーラの容量が
5.18GBと19.9MBのケースがある。
前者はインストールに必要なファイルが全て含まれている。
後者は必要なファイルを別途ダウンロードするようだ。
App Storeからどちらのインストーラがダウンロードされるのか
基準は全く分からない。

俺の場合、
Mac mini 2010、Mavericks(10.9.5)で後者(19.9MB)、
Mac Book Air 2015、El Capitan(10.11.6)だと前者(5.18GB)だった。
ちなみにbetaは使ってない。

5.18GBの場合は前回と同様の方法で簡単にインストールメディアを作成できる。
※ インストールメディア作成方法は後述


19.9MBだったときにインストールメディアを作る手順
# 酒飲んだ後に酔っ払って作業したんで、
# 何か重要なことを書き漏らしているかもしれないw
# もう覚えてないwww

19.9MBのインストーラを起動すると、
まず必要なファイルをダウンロードし、その後再起動してインストールが開始される。
ダウンロードされるファイルのほとんどはインストールメディア作成に必要。
なので、とりあえずどこかに(仮に)インストールする作業が必要になる。

で、ここで、
インストーラを起動するディスクを[A]、
(仮の)インストール先(外付けHDDなど)を[B]とする。

1) インストーラを起動して、不要な外付けHDDなど[B]にHigh Sierraのインストールを開始する。
2) ファイルのダウンロードが始まる。ダウンロード先は[B]の「macOS Install Data」フォルダ。
3) ダウンロードが終わると再起動を促されるが、
  再起動の前に「macOS Install Data」フォルダ内を全て[B]以外([A]で可)にコピーする。
※ インストールが終わると「macOS Install Data」フォルダは[B]から削除されるため、
  コピーするタイミングはここしかないはず。
4) 再起動するとインストール作業が進む。終わるまで待つ。
※ 3)終了時点でインストーラを終了することも出来るらしい。
  そうするとこのインストール作業は不要。俺は試していない。
5) インストール終了後、[A]で再起動。
6) インストーラのパッケージの内容を表示し、
 先ほどコピーした「macOS Install Data」をContentsフォルダ内へコピーし
 フォルダ名を「SharedSupport」に変える。

あとは、5.18GBでも19.9MBでも同じく
インストールメディア(5.23GB以上?、名前を「名称未設定」とする)をマウントして
ターミナルで
sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volumes /Volumes/名称未設定 --applicationpath /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app
次いでパスワード入力
で、インストールメディア作成開始。30分ほど待たされる。
失敗したら"The copy of the installer app failed."
成功したら"Copy complete." "Done."


俺はこれでインストールメディアを作成できた。
が、
同じことをしたら必ず同じ結果が得られるかは分からない。
失敗しても責任は負いません。

新しいiPhoneより… と北海道

2017.09.13 (Wed)
ひと月更新してなかった…

日本時間本日未明、Appleの新製品が発表された。
正直なところ、iPhoneの8とかXとかには全く興味なし。
背面もガラスとかで、壊れやすそう。扱いにくそう。

小さいiPad、iPod、Mac本体には興味がある。
が、
iPodについては、touch以外すでに販売終了。
iPadも大きいものに注力していそう。miniはどうなる?
Mac本体も、以前発表されたiMac proとかいう
ふざけた価格の一体型が控えているくらいで、
miniはほったらかしかい、という感じ。

面白い競合メーカーは現れないモンなんだろうか?
今回の動画を視たんだが、盛り上がってそうで何となく白々しく感じる。
信者の祭典、マンネリなんだろうなぁ。つまらん。


最近北海道に出かけた。観光。
帯広のばんえい競馬
   面白い。条件が上がる後半を都合で観戦出来なくて残念。
釧路湿原と丹頂鶴
   そこそこ。冬の方が良いか? 観光列車に乗ったが、期待外れ。
摩周湖、硫黄山、屈斜路湖、阿寒湖
   それぞれ面白い。屈斜路湖デカい。
   摩周湖は第三展望台の方が良い。硫黄山は硫化水素の臭いがかなりキツい。
   阿寒湖は温泉街の木彫り店率高し。
北見「北の大地の水族館」
   見るべき展示(北海道の淡水魚)は少ないが十分楽しめる。
   イトウがデカい。
網走の監獄
   展示はとても勉強になった。土産屋は個人的にはガッカリ。


道東の地元ドライバーのネジの外れっぷりに驚く。
一般道で80〜100km/hが常用域なんだろうか?
とにかくブチ抜かれた。
あれだけ飛ばすから交通事故死が多いのかと思ったが、
千葉ほどではないw

エゾシカとエゾリスが道路を横切るのを見た。キツネは見られず残念。

SSD交換

2017.08.01 (Tue)
ひと月ぶり


Mac miniに内蔵してた240GBのSSDが容量不足になり、480GBに交換
ドスパラで比較的安かったpalitとか言うメーカーのもの(PSP480)、一応MLCらしい
今まで使ってたintel品と比べて、体感では遅い
OSは10.9.5のまま

まずはSSDの交換後、Macの起動直後からファンがフル回転(5000rpm以上)で
止まらなくなるトラブル
温度センサーの接触不良だったらしく、再度開腹して
センサーと対応する端子を全部外して接続し直したら治る


折角だからクリーンな環境で、と思い、アプリもすべて新規インストール
iPhotoはiLife'11のDVDからインストールしなければならないことを忘れ、焦る

最大のトラブル
Mailが一切メールを受信しなくなる
SSD交換後に
/Users/俺/Library/Mail/V2/

/Users/俺/Library/Containers/
をコピーした
直後は問題なく受信してたんだが、しばらくして受信しなくなる
何か足りなかったようだ
面倒だがアカウント登録をやり直す予定

きっとkeychain絡みなんだろう、前もあった


ATOKの設定内容を忘れ、設定のやり方も忘れる
思い出すまで多少使いづらいが、追々設定を変更する予定


まぁ、ダメな点が多くて我慢できなかったら前の240GBに
戻せばいいだけだ

ストレージ

2017.04.01 (Sat)
1年の4分の1が過ぎた。
3月に記事の更新無し。まずい。
ネタがない。

3月に何やってたか振り返ると、
外付けHDDやNASの中身を整理していた。
まだ終わってない。

今、Mac miniの外部ストレージとして使っているのは下記

A) NAS NETGEAR ReadyNAS314
 TimeMachine(俺と妻の)の保存先、他iTunesやiPhoto、
 ドライブレコーダーの映像や
 ダウンロードしたファイルとかの保存に使用。
 4TB4本でRAID6

B) NAS NETGEAR ReadyNAS102
 A)のバックアップ専用
 4TB2本でRAID0

C) 外付けHDD Logitec LHR-2BREU3
 iTunesやiPhoto、ダウンロードしたファイルなどの保存。
 前扉の建て付けが悪いのか、振動でうるさいので扉を開けている。
 2TB2本のRAID1

D) 外付けHDD Logitec LHR-DS02
 妙な音がでる(ファン?)のと、HDDが逝ってしまったので休業中。

E) 外付けHDD Silicon Power SP010TBPHDD05S3T(多分w)
 とりあえず整理したフォルダ・ファイルを一時的に保存する場所。

F) 外付けHDD 4TBのHDDをGroovyのUD-500SAで接続
 E)が容量不足になったため、急遽追加。


で、整理がつかない。
もともと保存先をよく考えずにバックアップして、
更に、そのバックアップを別のHDDに取ったりしてたもんで
訳が分からない。
あと、Bitcasaに保存してた分も整理がついてない。
# そういや早く金返せよBitcasa。10週どころか10ヶ月待ってるぞw
# 見え透いた嘘に引っ掛かるこっちも悪いんだが…

主に整理してるのはiTunes、iPhotoと
ダウンロードしたフリーソフト類やアップデータ。
iTunesとiPhotoは、曲や写真のファイルが消えることがタマにある。
古いファイルと比較して、消失したものは補充する。
ダウンロードしたものは、重複をなくして一つにまとめる。
10年前のフリーソフトとか、
OSXのアップデータ(Appleのサイトにまだある)とか、
不要なんじゃないかと思うが、念のため残しておく。
今さらなんだが、この「念のため」が曲者。
スパッと捨てられないからドンドン貯まって整理がつかなくなる。

作業はもうじき終わりそうなんだが、
面倒になってしまって中々進まない。

Mac mini 値下げ

2016.10.28 (Fri)
日本時間本日未明のMacBook pro新製品発表後に
Mac mini現行モデルの価格改定があったようだ。

MBPは正直どうでも良い。

miniの現行モデル(late2014)が発表されたときの価格と比較。
発表当時の価格のソースは当blog記事

Fusion Drive 1TBでメモリ16GB、買うならこれ
発表当時の価格(約110円/USD)
1.4GHz 106,700円
2.6GHz 114,000円
2.8GHz 126,400円
本日発表価格(約105円/USD 為替は-4.5%)
1.4GHz 103,800円(発表当時の価格-2,900円、-2.7%)
2.6GHz 108,800円(同-5,200円、-4.6%)
2.8GHz 118,800円(同-7,600円、-6.0%)

Fusion Drive 1TBでメモリ8GB、ちょっと妥協
発表当時の価格(約110円/USD)
1.4GHz 87,100円
2.6GHz 94,400円
2.8GHz 106,800円
本日発表価格(約105円/USD 為替は-4.5%)
1.4GHz 83,800円(発表当時の価格-3,300円、-3.8%)
2.6GHz 88,800円(同-5,600円、-5.9%)
2.8GHz 98,800円(同-8,000円、-7.5%)

メモリを盛るとおトク感が減るのは
当時のメモリ増量(8GB→16GB)が+19,600円なのに対し
現在は+20,000円(+2.0%)なせいだろう。

今使ってるのがmid2010、メモリ8GB、SSD240GB、HDD750GB
へ換装済で、それほど不自由していない(と自分に言い聞かせている…)

買うかどうか…
やめとこうかなぁ…
mini自体が無くなったら、価格が急騰するんだろうなぁ…

macOS Sierra インストール、他

2016.09.23 (Fri)
Mac OS X ver.12(w)をインストールする

なお、本体はmini mid2010
スーパードライブをSSDに換装し、SSDにMavericks
HDDにEl Capitanが入っていた。
El CapitanをSierraに上書更新。

起動可能なインストーラをUSBメモリやDVD-DLに作る方法は
El Capitanのときと同じ。

で、インストーラを入れたUSBメモリからブートして
インストールしてみる。
プログレスバーが全部すすんだところでフリーズ…
電源ボタン長押しで強制電源OFF→起動
で何事もなくインストール終了。
Apple IDの入力を求められたがスキップ。ホントに様子見。
El Capitanの安定性向上バージョンのようだが、しばらく信用しない。


iOS10は、うちの初代iPad miniにはインストール出来ないようだ。
9.3.5で打ち止めなのか?
初代iPad miniはそろそろ隠居か?
最近画面のタッチ感度が落ちているような気もする。


Suicaが使えるようになったiPhone7
やや欲しい。今までのiPhoneで一番欲しい。
SEの大きさが出たら買いたい…
イヤホン端子は耐水のためになくした(?)とのことだが、
Lightning端子は関係ないのか?
新色のジェットブラック。まだ実物を見ていないが、キレイそうだ。
ただ、脂ぎったオッサンの俺にはキレイなまま使うのは無理そうだ。


9/17、中山競馬場に遊びに行く。
中山全12レースと阪神のレースを合わせて17レース分購入。
うち、7レース的中。収支マイナスw
予想外の好天で日焼けして腕の皮がむけたwww 暑かった
踏んだり蹴ったりだ…

Windows10

2016.07.30 (Sat)
Parallels Desktop 10でWindows7を使用中。
Keyring PDFを使って競馬ブックの新聞を見るため。
# ホントにそれだけのためにしか使ってない。
# Macで見られるなら面倒なことしなくて済むんだが…

今日の昼?くらいまでWindows10へのアップデートが
無料で出来たらしい。
やってみようと思ったんだが、
Parallels Desktop 10は対応してないらしい。
あと、
Windows7のアップデートを数年分してなかったらしく
(どうりでWin10へのアップデートお勧め画面が出なかったわけだ)
数百個のupdate作業が必要だった。

で、
update作業が済んだのが今日午後10時過ぎ
Win10への更新画面を初めて見たんだが、
「もう終わっちゃったよ」的な表示になる。
終わってしまうとつまらないもんだねw

無料とは言え、PCが新しくなったら無料更新はできないらしいし
(そろそろMac miniを買い換えたい、新機種出て欲しい)
必要になることがあったら、買えば良い。
とはいえ、Homeで2万弱、Proで3万近い? 高いな!


Pokémon Go、流行ってるらしいが、
トレーナーらしき人を見かけない。
俺が外に出てないからか?

Bitcasa終了まであと2日

2016.05.18 (Wed)
1年半前、無制限プラン撤廃時に手続きの杜撰さで閉口しつつ
なんだかんだいって使いやすかったので仕方なく使っていたBitcasa、
めでたく5/20(現地時間)をもって終了となる。

今回もひと月前(4/22)にメールで通告。
その後IDrive初年度80%OFFのどうでも良い連絡は来たが、
年会費の返金(5/21〜の分)については
こちらから問い合わせるまで連絡無し。
返金請求への返答内容は概略下記の通り
「返金請求が沢山来てる。
〜中略〜
あんたの請求は記録されたんで10-12週待て。」

きちんと返金されるか安心できない。実績があるから…

Bitcasa上のデータは数百GBあったが、
全て外付けHDDに保管されていたのでダウンロードする必要がなかった。
気付かずに一度ダウンロードしたが、ファイルが壊れていた…

結局、なんだったんだ。
使用量数年分ドブに捨てたことになるのか…


とはいえ、
100GBほどある写真のデータなどを自宅以外に保管しておきたいので、
次の保管先を探す予定。

apcupsdでUnable to create UPS lock fileとか

2016.03.31 (Thu)
完全に備忘録

apcagentが"?"、apcaccess statusだかapcupsd startで
"segmentation fault"とか
"Unable to create UPS lock file"とか
出たときにとりあえずやってみること

1) apcupsd stop
2) /var/tmp/LCK.. を削除
3) apcupsd start

そろそろバッテリーの交換時期だ
シュナイダーエレクトリックから、電話があったw

最近買ったモノ(2015年末)

2015.12.31 (Thu)
MacBook Air(MJVE2J/A)
妻の家計簿&メール&ネット閲覧用に購入。
今までMac mini 2007を使ってて、遅さに限界を迎えたようだ。
SnowLeopardからElCapitanだと使い方が随分違うし、
トラックパッドもなかなか慣れないようだ。
定価が税別で112,800円なんだが、近所の家電量販店で税込110,000円。
珍しく値引き。年明けに新モデルが出るんだろうか?

タイヤラック
メルテック タイヤラックキャスター付 TR-4

タイヤ同士が触れないのとキャスター付きなのが気に入って買う。
しかし、
全体的に弱そう。グラグラする。
キャスターがショボイのでなめらかに動いてくれない。
キャスターが6個付いてて、説明書通りに組み立てたんだが、1個接地してないw
Amazonのレビューにもあるが、
一番荷重のかかる足とポールの接合部分がプラスチックなので、長持ちしなさそう。
とりあえず使ってみよう。
今までブロックの上に横置きで重ねていたので、それよりはマシだろう。
ホイールの中央部に穴が開いてない場合、使えない。ちょっと焦った…

水曜どうでしょうの一番くじ
近所のローソンで初めて目撃。3口買って、B、C、D賞入手。


そろそろあちこちガタが出始め、メンテナンスに金がかかりそうになっていた。
で、
100万円貯まる貯金箱が一杯になったので、購入。
 | HOME |  Next »