FC2ブログ

I feel so bad ~

Macと競馬と缶コーヒーのおまけ (主にミニカー)

馬 の記事一覧

JRAの新型コロナウイルス対策

2020.04.29 (Wed)
無観客での開催となってしばらく経つ


競馬場に行けないのは寂しいが仕方が無い

毎週競馬場に行っていたわけではないが
春、秋、年末の中山開催にはそれぞれ少なくとも一度は行っていた
年初も数年に一度は行ってた
中山大障害と中山グランドジャンプは毎回現地で観戦するようにしていた

無観客でも馬券の売り上げはそれほど落ち込んでいないらしい
JRA、厩舎、騎手の皆さんの頑張りのおかげだろう


新型コロナウイルスによる悪影響を軽減するために
JRAでは
騎手の移動をできるだけ減らす
馬の移動をできるだけ減らす
ということをやっている

平常時、騎手は土曜と日曜で騎乗する競馬場を変えることができる
例えば土曜阪神、日曜中山、とか
これができなくなった
調整ルーム(悪くいえば騎手が軟禁されるトコ)の滞在も強制ではなくなった


馬は、オープンクラスと障害以外は東西の行き来ができなくなった
そうなると出られるレースが無くなってしまう馬も出てくる
それを解消するために、JRAでは番組の変更をするらしい


競馬はギャンブルであって、決して褒められる行為では無いことは自覚しているが
俺にとっては良い息抜きになってる
仕事中より真剣に予想してw
少額のお金を賭け
結果に一喜一憂するのは楽しい

そういえば
グリーンチャンネルの「中央競馬全レース中継」が無料になったのは嬉しい


勿論
騎手、厩舎関係者の安全が確保できないと判断されたら
開催自体が中止になっても何の問題も無い



同じギャンブルでも
パチンコは世の中から消えても良いと思ってるwww
あれは何の役にも立たない

2019年まとめ 競馬編

2019.12.29 (Sun)
東京大賞典が終わり、俺の今年の競馬が終了


残念ながら今年も年間トータルで負けた。回収率は75.7%。
高配当の馬券が的中しないことが多く、
的中したレースの平均回収率が200%。
万馬券は2回しか的中していない。
これでは儲からない。

来年からは買うレースを減らす予定。
ここ2年ほどJRAの平地のオープン競走は全て馬券を買っていたが、
予想する時間も限られるため、
それ以前のように購入レースを重賞だけに絞ることにする。


今年の傾向(ほぼオープン競走の馬連)

リステッド以外のオープン競走の回収率が70%を切った。
重賞だけだと77%。

ダート競走の回収率が60%でとても悪い。芝は80%。

競馬場ごとの回収率、回収率が高い順
中山と京都がひどい…
中京 111%
函館 94%
東京 91%
小倉 87%
阪神 79%
福島 79%
新潟 73%
中山 63%
京都 60%
札幌 53%

牝馬限定に限ると回収率99%と、かなり良い

海外競馬の回収率は89%で、そこそこ良い
ハンデ戦の回収率も89%。

中京の牝馬のハンデ戦というと愛知杯かwww
来年は1月26日(土)か、気合い入れて予想しよう。


地方競馬(JpnI、GIのみ)はひどかった…回収率12%。
今日の東京大賞典も外れた。
地方も購入金額を減らそうと思っている…


相性の良かった騎手
(Club JRA-Netでの回収率集計結果より)
馬券総購入額の2%以上の金額を購入した騎手
購入金額が多い順

武豊 110%
岩田康 134%
松山 111%
池添 134%
丸山 121%
スミヨン 106%
レーン 199%
松若 233%
秋山 151%
ムーア 208%

ず〜っと相性が悪いと思ってた武豊騎手だが
今年は儲けさせてもらいましたwww
このなかで
儲かった金額でみるとトップは松若騎手、
的中率でみるとトップはムーア騎手だった。

逆に相性が悪かった騎手は、購入金額順に
和田竜 31%
浜中 39%
内田博 37%
藤岡佑 43%
横山典 8%
マーフィー 48%
幸 14%
藤岡康 31%

横山典騎手が苦手No.1www
買うと来ない、買わないと来る。
昔からTVの前の俺に「余計なことしやがって…」と
つぶやかせる回数No.1の騎手www
素晴らしい腕前なのは当然理解してるんだが、
人気薄の馬をどこで持ってくるか解らない。怖い…


来年は馬券購入金額を減らしてその分のお金を他に回す予定。

2020年のJRA日程

2019.11.13 (Wed)
来年2020年のJRA日程が10/21に発表されていた

一番大きな変更は京都競馬場の改修工事によるもので
11月の京都開催が阪神へ
 GIのエリザベス女王杯、マイルチャンピオンシップ、
 ファンタジーS、デイリー杯2歳Sなどの重賞が阪神で行われる

それに伴う芝の状態維持を考慮して
7月の中京開催が阪神へ
 重賞ではCBC賞、プロキオンS、中京記念が阪神で行われる
9〜10月の阪神開催が中京へ
 重賞ではセントウルS、ローズS、神戸新聞杯が中京で行われる

1〜3月の裏開催が下記に変更
今年:中京6日→小倉8日→中京6日
来年:小倉12日→中京8日
愛知杯が小倉、東海Sが京都で行われる

4〜5月の裏開催が下記に変更
今年:福島6日→新潟8日(GWは前後半とも新潟)
来年:福島8日→新潟6日(GWは前半福島、後半新潟)
来年のGWは福島→新潟のはしごができる?w

オリンピックへの対応と暑いから
7月下旬〜8月上旬の小倉開催がなくなり
新潟と札幌の2場開催になる

富士S(GIII)がGIIへ

弥生賞に「ディープインパクト記念」がつく
JRAで馬名のついた競争名は
セントライト記念、シンザン記念、トキノミノル記念(共同通信杯)、
カブトヤマ記念(2003年まで福島で開催、現在廃止)
が思いつく。
セントライトとシンザン、ディープインパクトは三冠馬
他の三冠馬(ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン)
は馬名に冠がつくため、レース名にはならなそう。
 ミスターシービーのシービーは確か生産された千明(ちぎら)牧場の頭文字から付けられたハズ。
オルフェーヴルは存命なのでまだレース名にはならなそう。

今年は平地オープンと障害重賞と地方GIを全部買ってるんだが
既に取り返しがつかないほど負けてる…
来年は平地を重賞だけに絞る予定

偉大な競走馬が2頭なくなる

2019.08.11 (Sun)
ディープインパクトとキングカメハメハ

前者はシンボリルドルフ以来の無敗の三冠馬
後者はNHKマイルCとダービーを勝った変則二冠馬

競走馬として優れた成績を残し、
種牡馬としても優れた仔を残すというのはなかなか難しい

昨2018年の種牡馬としての成績は
入着賞金額で
ディープインパクトが1位、キングカメハメハが2位
アーニングインデックスは両馬とも2以上、
(上位で他に2以上なのはステイゴールド)

ちなみにアーニングインデックスとは
全出走馬が1レースあたりに獲得する賞金の平均値を1としたときの
注目する種牡馬の産駒の1レースあたりに獲得する賞金の平均値の比率を示し、
数値が大きいほど賞金を稼ぐ産駒を出しやすいことを示している。


どちらの産駒がさらに種牡馬として活躍しているか
をみると…

ディープインパクトの産駒はキングカメハメハほどパッとしてないような気がする
どちらかというと牝馬の方がよさそう
(飽くまで俺の感想です)
ただ、海外ではGI級の産駒も出てきていたから残念…
ディープインパクトは兄弟に頼るのも手なんだろうか?
とは言え
全兄のブラックタイドからはキタサンブラックのみ
全弟のオンファイアからはGI馬出ず、厳しい

一方キングカメハメハは
ロードカナロアが既に種牡馬として実績を示している
(昨年牝馬三冠+JCのアーモンドアイ)


BMS(ブルードメアサイアー、母の父、種牡馬からみて娘の仔)の成績は
2018年でキングカメハメハが2位、ディープインパクトが12位
ちなみに1位はサンデーサイレンス(ディープインパクトの父)


もう数年すると、これらのランキングから両馬の名前が消えることになる
寂しい
(せめてBMSでは残って欲しい)

2019年の競馬上半期終了

2019.06.30 (Sun)
6/26に帝王賞が終わり、俺の競馬の上半期終了。

全馬券種類の回収率が74%、
一番多く買っている馬連のみでは76%、
レース数基準の的中率は36%(100レース買ったら36レース中る)で、
やや悪い。
中っても儲からないのが一番の問題。
トリガミはほとんど無いが、レース毎の回収率が平均すると200%弱。
平均して100/36=278%は必要なんだが…

馬連だけならかなり良いと思う。
三連複や三連単を買うなら頭を使う必要が有る。

例えば先日の帝王賞
本線は1-11だが5も気になっていた。
ただ、俺が買った時点で1,5,11の馬連BOXは全て3倍台。
1,11→5→他
5→1,11→他
の三連単を買っていれば中ってた(他には14ノンコノユメも入ってた)
んだが、それ以外の余計なものを買ってハズした。


6/15,16のJRA除外馬156頭の件
JRAが悪いのは明らかでこれはJRAも認めているよう。
問題は保証と再発防止。
保証については
馬を競馬場まで輸送したのに直前になって出走させられなかった、
とか、今後の出走プランに狂いが生じた、
とか、調教師や馬主には思いもよらない対応をとる必要が生じた。
しかも人為的なミスでだ。
JRAは補償を十分行って欲しい。

JRAって結構適当なんだな、という悪いイメージは持った。

JRAで多数の除外馬

2019.06.15 (Sat)
久しぶりの更新


競走馬の「サプリメント」に禁止薬物が含まれていたことが分かり、
今日明日で156頭という多数の競走除外馬がでた。

JRAが今朝発表した資料には80頭の馬名が記載されていた。
今日6/15に72頭(東京13頭、阪神30頭、函館29頭)
明日6/16の重賞で8頭(ユニコーンS 2頭、函館スプリントS 6頭)

上記はもう枠順が確定していたレースなので除外となったが、
明日の重賞以外のレースははじめから対象馬を外して枠順を決めたため
除外馬はいない。
明日、出走してはいけない馬が80頭近くいたことになる。

競走馬のサプリメントについては
禁止薬物が含まれているか否かを検査した後、
含まれていなければ承認され、販売できるらしいんだが、
まだ承認されていないのに販売していたそうだ。
他にもあるんじゃない? 見逃しはない? 大丈夫か?
と不安になる。


で、
今日は沢山除外馬が出て、少頭数のレースが多かった。
出走が10頭以下のレースは
東京で5レース、阪神で6レース、函館で8レースあった。
出走頭数が少ないということは的中しやすい?
と思い立ち、
急遽朝から競馬の予想を始め、
午前の早いレースを除く出走頭数10頭以下の16レースを購入。

結果、

回収率10% www

競馬新聞もろくに見ず、
JRAの出馬表とオッズだけ見て適当に買ったのが敗因。反省orz...
だいたい、少頭数のレースは固くおさまることが多いから、
的中してもそれほど儲からない…


昨年、岩手競馬でも競走馬から禁止薬物が検出され、
開催取りやめとなる事態があった。
こちらは悪意を持った人間が故意に行ったものかもしれない、
とのことで、まだすっきりした解決にはなっていない。

それと比べて今回のJRAは
ややマヌケだが原因がはっきりしており、
(何で未承認のものが販売できたのか? は未解決だが)
そのためかJRAの対処も非常に早かったと思う。
対策をしっかりとって欲しい。
次が無いことを祈りたい。

夏競馬終わる

2018.09.10 (Mon)
中山開催が始まった。もう秋なんだろうか?

7〜8月の競馬はなかなか調子が良く、回収率105%
8月に限れば回収率150%だった。

9月に入って2週間経ったが、的中ゼロ…

8月下旬、興味深い記事を見た
日刊SPAの「競馬で負けている人の3つの共通点」
以下、引用です
1. 予算が決まっていない
2. 新聞の印・他人の意見で買ってしまう
3. 騎手の悪口ばかり言ってる


俺に当てはめて一番痛いのが、
「1. 予算が決まっていない」こと。
競馬場に行った時は、
「購入限度は1レース2千円まで、且つ1日3万円まで」とか決めてるんだが、
年間トータルの金額は決めていない。
なので、収支を記録してるんだが結構ひどい。
「月間いくら負けたらもう買わない」とか、決めるべきだと思う。


「2. 新聞の印・他人の意見で買ってしまう」
これは全くあてはまらない。
独自に予想することが楽しいんだから、新聞の印は正直全く不要。
正直なところ邪魔。


「3. 騎手の悪口ばかり言ってる」
これについては、負けた騎手をけなすことはない。
人気薄の馬を好騎乗で上位に導いてきた騎手に
「余計なことしやがって…」
と思うことは良くあるw


これから年末にかけての楽しみは
オジュウチョウサン
だなあ。

天皇賞(春)予想

2018.04.29 (Sun)
桜花賞、皐月賞とハズしているのに懲りずに予想をさらす

過去10年連に絡んだ馬の近走成績などから消去法で今年の有力馬を推測。
数字は馬番

1) 4〜6歳、7歳以上なら前年の天皇賞(春)3着以内
  ×(条件から外れる馬、以下同じ) 3,4,7,13,14,16,17
2) 前走が
 ・阪神大賞典なら、特に条件無し
 ・大阪杯なら、5番人気以内かつ6着以内 × 5,11,16
 ・日経賞なら、2番人気以内または2着以内 × 9
 ・京都記念なら、2着以内 × 1
 ・ダイヤモンドSなら、1着 × 13
 ・それ以外は連対無 × 7
3) 前2走で6着以内有
 × 3,13,17
4) 前走重賞で1番人気なら1着
 × 8

ということで
残った馬は
2,6,10,12,15
結構面白いのが残ったと思う
実際に買うのは、これらの馬連BOXと
8,11をちょっと絡めた馬連を買う予定
中っても買い目が多すぎるからほとんど儲からないと思うwww

懲りずに競馬予想 皐月賞

2018.04.15 (Sun)
天候は回復するのだろうか?

昨日の中山GJはオジュウチョウサンの圧勝
(大差勝ち、レコードを3.6秒更新)に鳥肌が立った。
中山競馬場で観戦したんだが、
ファンファーレが響くと同時に雨が降ってきて、
大変な観戦だった。

ターフィーショップでオジュウチョウサンTシャツ、
特設店舗で「踏み切ってジャンプ」Tシャツ、
あと、来場ポイントでTシャツが中り、
結構な荷物になったw

先週の桜花賞はハズレ。
内枠不利(?)を撥ね除けてラッキーライラックが2着だった。
他に買ってた馬券もほぼハズレで、4月の負けが数万円となり、
馬券の購入を控えなければならない。


で、先週と同様(ネタが無いので…)、皐月賞の競馬予想。
前回と同じ感じで連対馬の条件を探し、当てはまる馬を選んだ。

前2走とも7番人気以内かつ6着以内
× 4,6,12,13,16

前2走とも芝1600〜2000m
× 14,16

前2走でOP3着以内あり
× 4,5,8

前走が
弥生賞だったら、4着以内 × なし
スプリングSなら1番人気かつ2着以内 × 7,11
若葉Sなら4番人気以内かつ2着以内 × 1,6,16
共同通信杯なら2着以内 × 12
それ以外のレースなら重賞で2番人気以内かつ1着 × 4,5,8

で、
残ったのは2,3,9,10,15の5頭
残っただけであって馬券購入のお勧めはしません。
俺もこの馬を買うかどうか、まだ決めてない…w

競馬の予想手法色々

2018.04.07 (Sat)
明日はクラシック初戦、桜花賞

競馬の予想の仕方は人によって千差万別。
好みの競馬新聞もある。
俺は昔は一馬で今は競馬ブックを愛用。

近走の成績や距離・コース適性などから展開・着順を推理するのが
一番面白い。
他に
過去10年の同じレースの連対馬について、〜2走前の成績から法則性を見いだす、
というのも面白くて良くやっている。

資料として使っているのは
「中央競馬全重賞データバイブル」 メディアックス
1500円。毎年末競馬場で買っている。

例えば、明日の桜花賞なら、
馬連購入対象に残す条件とそれに該当しない(消す)馬番として、
この本に載ってる過去10年の傾向からこんな感じで予想できる。

・前2走のいずれかで芝1600mの出走経験有
 消し:2,3,4,10,12
・前2走ともOP出走、あるいは前走OP出走・前々走OP以外で3番人気内かつ1着
 消し:3,5,12
・前走1400mの場合、フィリーズレビュー3着以内
 消し:2,10,11
・前走1600mの場合、チューリップ賞なら2番人気内又は3着内、
 クイーンCなら6着内、
 他ならOP1着。
 消し:6,14,18
・前走1800mの場合、フラワーC1着
 消し:7
・中7週以上の場合、前2走連勝または全2走ともOP2着以内
 消し:2,5,16,18
・1勝馬の場合、連対率0.5以上かつ初戦勝ち
 消し:6,11
・ゲートが6番または6番より外
 消し:1,2,3,4,5

上記で「消し」にならなかった馬が馬連で狙えそうな馬になる。
8,9,13,15,17が該当するが、
これらの馬を買うかどうかは俺はまだ決めていない。

上記の条件には勿論、「偶然」そうなったというのもある。
今回多分初めてこんな感じの予想を書いたが、
自分で予想して、信用できなくて自身で買わないことも当然あるwww
なので、
この記事は俺が競馬の予想を楽しむ方法を書いただけであり、
今回たまたま記載した桜花賞の予想(馬連購入対象馬)は只の例示であって
俺が推奨する買い目ではない。
上記の予想を勝手に信じていくら損しようが俺に責任はない。
ということを了承願います。


予想のスタイルが沢山あるというのは楽しいが、
中らないと苦しいよねw
今とても苦しい…

ペーパーオーナーゲーム(POG)

2017.06.04 (Sun)
馬券を買わなくても競馬は楽しめる。

ペーパーオーナーゲーム(POG)は、
デビューする競走馬の仮想馬主(ペーパーオーナー)となり、
翌年のダービー(一般的に)までの獲得賞金などを競うゲーム。

規模は仲間内の数人でやる独自ルールのものから
JRAVANが開催する大規模なものまでいろいろある。
昔からある。俺は仲間内で25年位前にはすでにやってた記憶有り。

その仲間内の話だが
競馬好きの間で、5月になるとPOG投票用のリストが回って来てた。
リストに仮想馬主になりたい馬を記入する。
例えば牡馬5頭、牝馬5頭とか制限をつける。この辺のルールは決めておく。
デビュー前の2歳馬の情報は競馬報知とかに載ってた。
希望する馬が他の仮想馬主とかぶったら、くじ引きする。
野球のドラフトと同じ。

POG馬が出走して入賞したら獲得賞金に応じてポイントをもらう。
重賞勝ったらボーナスとか、その辺のルールは自由。
「日本ダービーを勝ったら特別ボーナスで…」とかあったかもしれない。
優勝者は皆に晩飯おごってもらえるとか、そんな感じだった。

JRA VANのPOGでは、参加人数が多いのでドラフトは行われない。
その代わり、獲得賞金を指名人数で割った「シェアポイント」も重視される。
シェアポイントだと、超良血馬で沢山勝って獲得賞金が増えても
指名人数が何千人にもなれば一人当たりのポイントは少なくなる。
如何に人が目をつけない(血統的に目立たないなど)好走馬を見つけられるか?
が鍵になる。


俺の惜しかった仲間内POG指名馬
サクラチトセオー
古いw
初めて仲間内でPOGやったときの指名馬の一頭。
1993年ダービーに出走し、11着。勝利馬はウイニングチケット。
その2年後天皇賞(秋)を勝利。
当時大流行したぬいぐるみも発売された。多分まだ家のどこかにあるw
屋根(小島太騎手)が嫌いだったw 理由は○○(自主規制)だったから。

エモシオン
1998年ダービー9着(1着スペシャルウィーク)。
ダービーに出られるだけでうれしかったw
仮想馬主のくせに「無事にゴールできればそれで良い」とか思ってたwww
その後重賞は勝ったが大活躍とまではいかなかった同馬の名前を
いまだに覚えているのは、
「ダービーに出走したPOG指名馬」これに尽きる。


POGは面白いんだが、仲間内でやる場合は幹事が大変。
好きじゃないとできない。
ただ、参加者は多少血統にも興味を持つだろうし、
競馬を楽しむ手段の一つとして優れていると思う。

お勧めはJRA VANのPOG
気楽に出来る。俺は今年で5シーズン目。

ここ10年のGI馬券成績

2017.05.27 (Sat)
急に気になって、
自分の、過去10年(2007〜2016年)のGI馬券的中数を調べてみた。

なお、2007年からJRAのほぼ全ての重賞の収支を記録している。
2017052701

かなりムラがあるのは想像していたんだが、振り返ってみると面白い。
・ 2012年はGIだけ見れば14R的中でかなり優秀。
 ただし、GI以外も含む年間回収率は80%を下回った。
・ 逆に2008年はGI的中数4しかないが、年間回収率は100%超えだった。
・ この10年で桜花賞を7回的中。今年も的中。異常な好成績。相性が良い。
・ 阪神JFは10年で1回しか的中していない。朝日杯FSは2回。2歳GIは苦手。
・ 牡牝三冠の中で、オークス、ダービーは相性が悪い。
・ 苦手だと思っていたレース(有馬記念、JC)でも、そこそこ的中している。

今後の馬券購入に活かせるデータではないが、
自分の馬券購入について分析してみるのは面白い。
記録を残しておいて良かった。
# ただ、ここ10年の総収支額が結構凄くて(ネガティブな方で)、見るたびにへこむw
# 取り戻すために今年から三連単をしばしば購入しているが、
# 傷を広げているだけだ。


6/10はベルモントS、米三冠レースの最終戦。
昨年はラニが出走。今年はエピカリスが出走予定。
なかなか難しいとは思うが応援したい。

2016年競馬の反省

2016.12.31 (Sat)
JRA全重賞(ジャンプ含む)、地方JpnIおよびGI、
JRAで発売された海外GI全て(155レース)の結果
全て馬連。

回収率: 69.6%
的中率: 32.9%
的中時平均配当: 21.8倍
的中時の平均回収率(中ったときの払戻額/購入額): 221%
万馬券的中: 1回


毎年学習していない。
的中時の平均配当が20倍程度なのに平均回収率が200%程度
ということは、買い目を絞れず、中っても儲かっていないということ。
実際、トリガミか購入額の2〜3倍しか戻ってこない記憶が多い。
的中率が50%位ならそれでも良いのだろうが、的中率は30%余りと低い。

来年は「買い目を絞る」ことを目標にする。
具体的には1レース10点まで
どんだけ絞ってなかったんだよという突っ込みがありそうだw

前半はとても良かった。
6月末の時点で回収率100%超、的中率43%。
後半何があったんだろう?
10月以降、回収率が52%→42%→28%と無残だった。
① 自信を無くす
② 買い目が増える、オッズが低い買い目を切る
③ 中らない、中ってもトリガミ
④ ①に戻る
という俺の最悪パターンに嵌まったんだろう。


競馬場別では、(括弧内回収率)
相性が良かったのが、福島(221%)、阪神(97%)
悪かったのが、札幌(39%)、函館(29%)、新潟(0%)

新潟で重賞は7レースあったんだが、1レースも中ってないって…


騎手別は
先日発表されたリーディング(JRAのサイト)を示す。
左の数値はClub A-PATの自分の投票照会サービスから調べた
俺の騎手別回収率。(PATで購入したJRAのレースに限る)
1位 戸崎 (89%)
2位 ルメール (59%)
3位 川田 (54%)
4位 デムーロ (81%)
5位 福永 (77%)
6位 内田 (60%)
7位 田辺 (144%)
8位 武豊 (0%)
9位 和田 (112%)
10位 岩田 (22%)

今年の全馬券購入金額のうち、
武豊騎手が絡んだ馬券の金額は約13%だったんだが、
それが全部紙くずになったということか。
岩田騎手もそれに近い。
実際夏までは岩田騎手も回収率ゼロだった。
リーディング上位の騎手は俺の的中率もソコソコ高い。
なのに儲かってないというのは、余計な馬券を買っているためだろう。

3レース以上買って回収率が高い騎手を相性が良い騎手とすると、
松山弘平 (214%)
四位洋文 (179%)
田辺裕信 (144%)
浜中俊 (133%)

2年連続で四位騎手と相性が良かったことに今気付く。
2015年にはこの中に岩田騎手がいたんだが…


一年を振り返って傾向を見てみると、馬券下手を再認識する。
半年に一度か四半期に一度にして、作戦の練り直しをした方がいい。
来年からそうしよう。

2017年のJRA開催日程出る

2016.10.18 (Tue)
毎年こんなに早かったか?

詳細はJRAニュース

報知の報道どおり、大阪杯(GII)がGI昇格。
レース名が「産経大阪杯」から「大阪杯」に変更。4/2に行われる。
中山記念(2/26)と金鯱賞(3/11)が大阪杯のトライアルレースになる。
# ATOKは「こ」を「鯱」に変換してくれないバ○。

さらに、金鯱賞が12月から3月に移動したため、
「中距離競走体系の整備のため」ということで
チャレンジカップ(GIII)が12/2に(1週早まる)、
中日新聞杯(GIII)が12/9に(今年は3/14だった)行われる。


有馬記念は12/24(日)で
ホープフルS(GII)が12/28(木)に行われる。
ホープフルSはGI格付けを申請中とのこと。
# 一年の〆は有馬記念と思っているので違和感あり
## 実際の〆は東京大賞典なんだが…w

春のGIは全11戦
高松宮記念(3/26)
→大阪杯(4/2)
→桜花賞(4/9)
→皐月賞(4/16)
→一週空き
→天皇賞(春)(4/30)
→NHKマイルC(5/7)
→ヴィクトリアマイル(5/14)
→オークス(5/21)
→日本ダービー(5/28)
→安田記念(6/4)
→二週空き
→宝塚記念(6/25)

秋のGIも全11戦
スプリンターズS(10/1)
→一週空き
→秋華賞(10/15)
→菊花賞(10/22)
→天皇賞(秋)(10/29)
→一週空き
→エリザベス女王杯(11/12)
→マイルチャンピオンシップ(11/19)
→ジャパンC(11/26)
→チャンピオンズC(12/3)
→阪神ジュベナイルフィリーズ(12/10)
→朝日杯フューチュリティS(12/17)
→有馬記念(12/24)
(→ホープフルS(12/28)?)


GIが増えるのは面白いかもしれないが、
毎年レース開催日が微妙に変わるのは何か嫌だ…
特に中京の中距離重賞。
金鯱賞、中京新聞杯、愛知杯、中京記念…
レース名見ただけではいつやってて距離が何mか咄嗟に思い出せない。
東海Sもそうだ。
更に言えばチャンピオンズCも高松宮記念(杯)も…

競馬関連でいろいろ

2016.10.10 (Mon)
凱旋門賞
マカヒキは馬番、ゲート、着順、全て14。残念。

グリーンチャンネルの武豊の解説が面白かった。
日経の記事がよかった。
馬券は馬連で10点ほど、マカヒキを外して買う。
結果は1着3着。残念。

凱旋門賞を勝ったファウンドの名前が
エリザベス女王杯の選出馬の中にある。JCじゃないのか?
オブライエン厩舎3頭出し???


馬券を買える次の海外GIが決まったようだ
メルボルンカップ(豪)
日本時間 11/1(火)13:05発走予定 7:00発売開始
出走予定の日本馬 カレンミロティック
平日なんで即PATのみ購入可。

ブリーダーズCフィリー&メアターフ(米)
日本時間 11/6(日)4:43発走予定 11/5(土)19:30発売開始
出走予定の日本馬 ヌーヴォレコルト
ブリーダーズC全部発売すれば良いのに…


スポーツ報知のスクープ?
来春から大阪杯がGIに格上げ、年末のホープフルSもGIに格上げ、
らしい。

大阪杯を格上げして、春の中長距離GI連勝馬に報奨金を与えることで、
春に海外遠征する馬を国内に引きとどめたいらしい。
年末の2歳GIは有馬記念と同日?翌日?

11月に入ったらJRAから重賞の日程が発表されるだろうから
それまで待とう。


週末の馬券成績
10/8(土) サウジアラビアRC 外れる
10/9(日) 毎日王冠 中る
10/10(月) 京都大賞典 外れる
同日 MCS南部杯 中るがトリガミ(昼前に買ったときは馬連3倍台だったのに…)

さあ凱旋門賞だ

2016.10.02 (Sun)
日本時間で本日23:05発走予定。
詳細はJRAのサイト

今年の凱旋門賞から日本でも海外競馬の馬券を購入できるようになった。
胴元はJRA。購入できるレースは胴元が決める。
購入については胴元のHP参照。
JRAのレースをやってる日はIPATで購入可で平日は即PATのみらしい。
ということで早速購入。

マカヒキの単勝オッズが正午過ぎで1.5倍程度。
馬券としては面白くない。
外国のレースで俺が日本馬を応援するとその馬が勝てないので、
(ステイゴールドもロードカナロアも俺が知らないうちに勝ってた)
マカヒキを外して、10点ほど購入。
応援すると勝てないので応援しない。(これは応援することになるのか?)


昨日、中山競馬場に行く。今年5度目(?)の中山。
小雨(霧雨)がたまに降って寒かったようだが、
指定席を買えたのでゆっくり観戦できた。
今回は2000円のB指定席。多分初のB指定。
いつもはA指定席相当のモニタのある席だが、
モニタは余り視ないから、Bでも十分。
今後も席が空いてたら利用するようにしたい。

中山の指定席の配置を見て気付いたんだが、
3階(4階も?)のゴール板より1コーナー寄りは、
招待客専用の席なんだろうか?
TV番組に応募して中ったり、競馬場でくじ引きして中った席は、
全部ゴール板より1コーナー寄りだった気がする。また何か応募してみよう。

で、昨日の馬券の成績は
中山1〜12Rと阪神9〜12Rの16R分購入して5レース的中。
回収率200%で久々の勝ち。
指定席代と交通費、食事とビール代、
ターフィーショップで買ったタオル(w)代を
差し引いても十分おつりが来た。


次の中山開催は年末だ。中山大障害を観戦したいが、今年は無理だ…

2015まとめ(競馬)

2015.12.31 (Thu)
まとめじゃなくて反省

中央競馬の全ての重賞(障害も含む)と地方のJpnI、GIをやった結果。
的中率33%(全146レース中48レース的中)
回収率72%…

回収率が低すぎる。
買い目が多すぎて的中してもほとんど儲からない、といういつものパターン。
分かっちゃいるけどやめられないw
が、もっと儲かるようにしなければならない。

12月はそこそこ良かったんだけど、一年間の負けを取り返すまでには至らず。

一番相性の悪い競馬場は中山だった…
ホームグラウンドのハズなのに…

憂鬱な週末

2015.02.28 (Sat)
後藤浩輝騎手のご冥福をお祈りします。

金曜にネットのニュース記事をみたときは、
世の中が俺をだまそうとしてるのかと思った。
JRAの発表を見ても信じられなかった。

本当に自ら命を絶ったのか、信じられない。

2/21(土)に落馬し、首を捻挫したものの翌日2勝をあげていた。
ただ、首はしばらく経ってから悪化することもある。
他の理由もあるのかもしれないが、
今まで何度も逆境を跳ね返してきた後藤騎手が、
なぜ挫けてしまったのか分からない。
本人にしか分からないのは分かってるけど、
分からない。

後藤騎手を一番身近でみたのは数年前の中山競馬場。
距離にして1m程。
中山で全レース終了後、馬場内ターフィーショップ近くの
GI焼きの屋台の前に後藤騎手がいた。
GI焼きを買った人には握手&写真撮影OK、
とにこやかにファンサービスをしていた。
店が大混雑だったのでGI焼きは買えなかった。

それまで、あまり好きではなかったんだが、
ファンを大事にする姿勢に感心した。
その後しばらくしてケガで休養に入ったが、
競馬中継に出演したりしてた。
それをみて
「この人はもし騎手をやめても
競馬の面白さを第一線で伝えられる人だなぁ。
特に若い人に」
と思ってた。

今日のテレ東の競馬中継、ラスト5分を視ながら
悲しいのと悔しいので、涙を流した。

最近の競馬関係

2015.02.05 (Thu)
ルメール騎手とM.デムーロ騎手が日本の騎手免許を取得(JRA発表資料)。
日本を主戦場とする(しなければいけない)そうで、
勝ちまくることになりそうだ。
これからはヒーローインタビューも全部日本語になるんだろうか?
二次試験のために日本語勉強したらしいから、是非日本語で。

上記リンク先、
競馬学校を卒業したばかりの初々しい新人騎手と
TVで見慣れた外人のおっさん(失礼)の写真が並べられてて
違和感ありw


JRAが海外の大レースの馬券を発売する方針(日刊スポーツ記事)
オッズはJRAが独自に決めるらしい。
日本国内と同じように投票数を基準にするんだろうか?
ラビットはどうするんだ?


中舘英二騎手引退
俺にとって中館騎手といえばヒシアマゾン。あとツインターボ。
(ツインターボは大崎騎手の方が乗ってたけど)
「福島で逃げ切り」という印象強し。
お疲れ様です。調教師としての活躍も期待してます。

ネタが無いので、去年の競馬について

2015.02.01 (Sun)
缶コーヒー関連では
ジョージア自販機でキン肉マンのフィギュア(?)が「あたる」というのが
あるらしいが、興味なし。


昨年の競馬の反省をしていなかったので、ひと月遅れで反省する。
昨年の全重賞の回収率70.1%、レース的中率32.4%。
的中率は(俺にしては)ソコソコなのに、回収率が上がらなかったのは、
やはり、買い目が多すぎたこと。
100円ずつ20点買って30倍を中てる、とかそんなのばかりだった。

万馬券も年間で1本のみ。

数年前と違っていたのは、ダート重賞の成績。
昨年はダートだけなら回収率153%、レース的中率60%だった。
かなり良い。
あれだけ苦手だったのになぜ?と色々考えたが、
多分原因は、「あれこれ余計なこと考えなくなったから」だと思う。
で、
今年から「ダートのレースをもっと買おう」と思い、
地方のJpnIとGIも買うことにした。全10レース。
# 知らなかったんだが、年末の東京大賞典だけGIなんだ。
早速1/28の川崎記念を買い、的中。

今日の根岸Sも的中。


昨年の年度代表馬は、有馬記念自信の消しwだったジェンティルドンナ。
妥当だと思う。


もう、一年の1/12が終わってしまった。早い…
 | HOME |  Next »