FC2ブログ

I feel so bad ~

Macと競馬と缶コーヒーのおまけ (主にミニカー)

指定期間 の記事一覧

Magic Mouseで勝手にスクロール(ページ送り)

2015.10.13 (Tue)
また備忘録。

Magic Mouseを何年か使ってる。今は2代目。
最近、プレビュー.appで画像を編集するときに、
(サイズ調整とか簡単にできるのでblog用画像を編集することが多い)
このマウスのせいでかなりイライラしていた。

症状
複数の画像を一つのウインドウで開き、
ある画像の一部を選択してマウスから指を離すと
ページが前や後ろに勝手に移動してしまう。
タッチ領域がわずかな指の動きに反応してしまうらしい。
ページが移動すると選択範囲はリセットされる。
9割ぐらいの確率で起きる。腹が立つ。
SnowLeopardではこんなことは無かった。
MavericksにOSをバージョンアップしてからだと思う。

Magic Mouseの調子が悪い?と思ってたんだが、
2つのMagic Mouseで同じ現象が出た。


対策
BetterTouchTool
をインストールして、
左端の「+」でプレビュー.appを追加し、
「Preview」を選択した状態で
「App Specific」から「Disable single finger scrolling for 'Preview'」
をチェック。
2015101301

多分治ってる。

BetterTouchTool、無料なのに優秀。
他にも便利な使い方が出来そうだ。


追記
ついさっき、Magic Mouse 2の発売を知る。
充電式、対応OSがEl Capitan。
充電してる間はマウス使えない。思わぬ充電切れに対応できない?
「2個買いなさいよ」ということか…¥9,500(税別)を2個…
Appleのデザインってもっと機能的・実用的だったんだが、
随分と落ちたもんだね。
旧Magic Mouseもう1個買うか?
それともLogcoolのM558買うか?これだとBTTでの対策もきっと不要だ。

Boot CampとParallels DesktopとWin7のライセンス

2015.10.12 (Mon)
今更なんだけど、備忘録として残す。


Boot CampのWindows7をParallels Desktopで動かしていた。
ライセンスは1個。
もともとXPだったのを7にグレードアップしていた。

ライセンスについて昔はこれでもOKだったんだが、
Microsoftの方針が変わり、
Boot CampとParallelsでそれぞれ1個ずつライセンスが必要になっていた。
それでもなんの警告も無く(気付いてなかった)実行できていた。
Windowsのアップデートも動いていた。

が、
先日、Boot Campから起動したとき、起動画面の右下に小さく
「これは正規のコピーではありません」とでていたことに気付いた。
その後、Parallelsから起動しても出た(初回だけ)。
# もしかすると、Win7にアップグレードしてから
# 初のBoot Camp起動だったのかもしれない。

ということで、ライセンス上問題のある使い方は出来ないので
Boot Camp領域を削除してParallels一本に絞ることにした。
もともとWin7は競馬ブックwebから購入していた競馬新聞
(KeyringPDFフォーマット)の印刷用にしか使ってなかったので、
何かトラブっても被害は小さい。
トラブったらクリーンインストールするつもりでやってみた。


やったこと
1) 念のため、Boot CampをWincloneでバックアップ
 もっていたWincloneがバージョン2.3だった
 (SnowLeopardかLionでしか起動しない)ため、
 外付けHDDのSnowLeopardで起動してバックアップ。

2) WindowsデータをBootcampからParallels Desktopにインポート
 手順はParallelsのサイトのここここを参考にした。

3) もとから使っていたWindows7をParallelsから削除
 やりかたはここ(Parallelsのサイト)

4) Boot Camp アシスタント.appでBoot Camp領域を削除
 Appleのサポートサイトの手順に従う。
 SSDの残り領域が増える。

5) Parallels上のWin7が正規品かを確認
 Win7を立ち上げてIE(Ironではうまく動かず)でMicrosoftのサイト
 (コントロールパネルのシステムの右下「オンライン情報を表示する…」
 からのリンク)
 「今すぐ検証」をクリックすると、
 Windows検証コンポーネントのダウンロードを促される。従う。
 インストールが終わったら、IEの画面に「続行」と出るので続行する。
 最終的に、「正規品です」と表示された。
2015101201

仮想マシンとして新規インストールしたせいか、
Boot Campの頃よりWin7の動作が速くなったw


念のため、バージョンは
OS X 10.9.5、Parallels Desktop 10.3.0

CEATECに行ってきた

2015.10.10 (Sat)
去年と一昨年は行かなかった、と思う。
久々に行ってきた。午前中のみ。

2015101001
洗濯物を畳んでくれる洗濯機、というかシステム?
無茶苦茶混んでて何も見えず。

車その1
2015101002
タイコ エレクトロニクスにあったフォーミュラEテストカー
右のおねえさんと一緒に写真を撮るための行列が出来ていた。

車その2
2015101003
ホンダ
グリーンイノベーション部門でグランプリを受賞した
パワーエクスポーターをもうちょっとよく見てくれば良かったと後悔…

車その3
2015101004
テスラ
前も後も収納になってる。

オムロンの卓球ロボット
2015101005
右下の少年が対戦者。

2015101006
真横から見た。
とにかくここも混雑していた。
背伸びして精一杯ケータイを高く掲げて、やっと撮影。
撮影しただけで、動いてるトコは人混みで見られなかった…

IPA(情報処理推進機構)のブースにあった装着型スーツ
2015101007
他にも超音波で浮遊させる装置とか小さいドローンとか
面白いものがあった。IPAは初出展らしい。

他、
太陽誘電のブースで血管年齢を測ったら実年齢-9歳だった。
健康関係(血圧とか血管年齢とかどこを歩いたかログがとれる靴とか)、
車関係(HUDとかETC2.0とか)、
宇宙関係(みちびきとか)など、想像してたより面白かった。

来年はもう少しじっくり時間をかけて回ってみよう。

OS X El Capitanのインストールメディアを作る

2015.10.04 (Sun)
新OSが出るたびにやっている恒例行事。

準備するもの
8GB以上のUSBメモリ
円盤に焼きたい場合はDVD-DL(1層では容量が足りない)

インストーラの容量(AppStoreからダウンロードしたもの)は約6.1GBだった。
今までのより大きい。

1) AppStoreからダウンロードするとインストーラが立ち上がるので、終了する。

2) 8GB以上のUSBメモリをさして認識させる。

3) ターミナルで下記を入力する。パスワードを求められるので入力する。
  インストーラの場所がアプリケーションのまま、
  USBメモリの名前がUntitledだとする。

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled -applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app


"sudo"と"--volume"と"--applicationpath"以外は、
順番にfinderから該当するファイル類をターミナルに
ドラッグ&ドロップするのでも入力可能。

※ 起動したOSがMavericks(10.9.5)だと、何故か
  「インストールアプリの場所が不適切」とかいうエラーで先に進まなかった。
  別のHDDにインストールしたEl Capitan(10.11)で起動したらうまくいった。

4) "Install OS X El Capitan"という名前のUSBメモリがマウントされる。

さらにDVD-DLメディアに焼くには
5) ディスクユーティリティーで4)のUSBメモリを選択し、
  ツールバーの「新規イメージ」から"Install OS X El Capitan.dmg"を作成。

6) ディスクユーティリティーのツールバーで「ディスクを作成」を選び、
  "Install OS X El Capitan.dmg"を選択してDVD-DLに焼く。

※ スーパードライブ(をケースに入れて外付けにしたもの)だと問題無く焼けたが、
  他の外付けドライブ(松下のUJ260+ケース)では、進まなかった。


これで、ブート可能なUSBメモリと円盤を
10.6(SnowLeopard)、10.7(Lion)、10.8(MountainLion)、
10.9(Mavericks)、10.10(Yosemite)、10.11(El Capitan)、
の6種作ったことになる。
日常的に使ったのは、10.6、10.9(現在)だけなんだけど…

毎年メジャーアップデート(アップグレード)するの正直やめて欲しい。
# 更新する必要が無いなら更新しなきゃ良いだけなんだけどw
大して機能が強化されてるわけでもなさそうだし、
バグが増えて不安定になるし、アプリを対応させるのも大変だから。
俺は短くて2〜3年でOSを更新している。
(10.6の前は10.4、その前は10.3だった。その前は多分MacOS 9か?)

UCC「NISSAN Racing Spirit Rの系譜 Collection」コンプ

2015.10.01 (Thu)
一昨日無事コンプ。

公式HP
春と同じく1/64スケールのダイキャスト製。
春の当blog記事その1その2(写真撮り直し)


2015100101
いつものBLACK無糖にいつものキャップ。


2015100102
上から
1. SKYLINE GT-R (KPGC110) Circuit Ver 1973
2. SKYLINE GTS-R (R31) BLUE BLACK 1987
3. SKYLINE GT-R (R32) No.12 Gr.A 1990 JTC 1990
4. NISMO GT-R LM (R33) ROAD CAR 1995
 (キャンペーンオリジナルカラー)
5. NISSAN GT-R (R35) PROTO 2005

カルソニックカラーR32だけ、塗りの手間が違う。
一箱に1個(他は2個ずつ?)しか入ってないようだが、手間(コスト)のせいか?


裏側
2015100103
左から1→5の順番。車種ごとに違ってる。


中の紙。車種による内容の違いは無し。
2015100104


前回、
リアスポイラーが微妙に歪んでたり、塗装が剥げてるヤツがあったんで、
今回はできれば2セット欲しいと思ってたけど、瞬殺の気配。
残念だが1セットで諦めた。
今回入手したのは目立った不具合が無さそうなんで良しとする。

今年もあと3ヶ月。次は今年中に出るか?
 | HOME |